BLOG 採用ブログ
2021.03.26

日々の暮らしの中の土地家屋調査士紹介①

今日から土地家屋調査士が一般社会の中でのどのような係わりをしているのか

紹介していこうと思います。

まずはこのケースからご紹介いたします。家庭を築きお子様も大きくなってきて、

今の賃貸アパートでは手狭になってきて、新築戸建て住宅を購入するケースで我々

は登場します。新築建物も不動産であります。登記されなければなりません。土地

は継続的に存在するため、登記はすでにされているケースがほとんどです。しかし

ながら建物は新築と解体を繰り返すため、登記を起こし、また、登記を消すという

ことが繰り返されます。で、、、、建物の概要を登記するのが表題登記ということ

になります。建物の所在、構造、床面積そして建物の図面を法務局に備えます。

これが我々土地家屋調査士の仕事の一つです。

 

株式会社セントラルアーキ

こんな私たちといっしょに、
働きませんか?

PAGE TOP PAGE TOP
採用専用ダイヤル 会社説明会エントリー 面談・面接エントリー